韓国ドラマ『哲仁王后』9話のあらすじネタバレと感想

哲仁王后 20話 最終回 あらすじ 感想

前回の話では、秘密帳簿を探すためにソヨンの家を捜索していた哲宗は怪しい男が現れたことで発覚の危機に瀕しました。

哲宗はその危機に対処するためにソヨンにキスをして話が終わりました。

今回ご紹介する9話では、哲宗とソヨンの幼い頃の秘密が明らかになります。

それでは早速、韓国ドラマ『哲仁王后』9話のあらすじネタバレと感想を書いていきますね!

哲仁王后9話のあらすじネタバレ

ソヨンは哲宗とキスをした後「いい加減にしろ、この女。 結局、事故を起こすんだ。 一度やってみようというのか」と言って、自分の頬を殴り、口を拭いながら怒りました。

哲宗とキスをする時はボンファンじゃなくて、ソヨンの意志だったからです。

哲宗はそんなソヨンに「まだ、眠りから覚めていない」と言って、ソヨンを寝かせようとしました。

しかしソヨンは簡単に眠れませんでした。

結局、哲宗は家を捜索するためにソヨンを気絶させ、再び眠らせました。

秘密名簿をさがそうとする哲宗


引用元(tvNキャプチャー)

哲宗は井戸の蓋を開けて中を確認します。

そして井戸の中に自分が探していた秘密帳簿があるのを見つけて、中に入ろうとしました。

その時、人の気配がすると、哲宗は秘密帳簿を見つけることを後にして、ソヨンのそばに戻りました。

ソヨンの実家にもう一泊しようとする哲宗

明くる日。

純元王后はソヨンの料理が恋しく、ソヨンを早く宮殿に入れるように促しました。

しかし、まだ帳簿を探せなかった哲宗はもう一日ソヨンの実家で滞在すると伝えます。

その後、哲宗はヨンピョンクンに自分を攻撃した鬼の仮面をかぶった男を探すことを頼みます。

そして、その男は自分の顔を見分けられなかったと言います。

哲仁王后 9話 あらすじ ネタバレ 感想
引用元(tvNキャプチャー)

その後、食事をしに出た哲宗とソヨンは「逆賊家族出身を王に立てるとは。 国が腐った」という民の言葉を聞きます。

その話を聞いたソヨンは「家族までののしるのは礼儀ではない」と言って興奮して言い返しました。

そしてソヨルは哲宗に「身分がばれたらダメだから、代わりに言ってやった」と言います。

井戸に隠された秘密は?

その夜。

哲宗は帳簿を探すため井戸の中に入りました。

しかし哲宗は子どもの頃、井戸に閉じ込められた記憶でパニックになりました。

そして、画面は過去の話を映し出します。

ー 8年前 ー

儀賓であるファジンと王妃のソヨンは身分が異なりました。

儀賓とは

王族の身分でないのに王族と通婚した人のことを言います。

ソヨンに似てる外見でからかわれたファジンは、実は壁を隔ててソヨンと悩みを交わした仲でした。

ソヨンとファジンは母親がいないという共通点がありましたが、性格は違いました。

ソヨンはファジンに「お母さんを思いながら本を読む」と言います。

するとファジンは「私は毎日泣いている。 そのうち母に会える方法を見つけた。死んだら母に会えるじゃないか」と話します。

母親が恋しかったソヨンは死ぬために井戸に入り、そこで哲宗に出会います。

哲宗は逆賊の家だと追い込まれて親が死に、かろうじて身を隠していた状況でした。

ソヨンは哲宗に「あなたも死にに来たのか? 私は死にに来たんだ。あなたは生きたい?」と尋ねます。

哲宗は「皆が死に、僕だけ生きればもっと怖い」と答えました。

ソヨンと哲宗は互いに首を絞めて殺すことを約束しましたが、二人とも怖くて泣き崩れました。

その時、泣き声を聞いたビョンインが井戸の中を覗きました。

ビョンインの顔を見ると、生きたくなったソヨンはビョンインの助けで井戸から抜け出すことができました。

ソヨンは井戸の外に出る時、哲宗に自分の本を渡し「生きたくなったら返してほしい」と言います。

一方、井戸の中に哲宗が隠れていることを知ったチャグンは哲宗が出てこないように入口を塞ぎました。

チャグンは逆賊の家の子どもである哲宗を水死に見立てて殺そうとしたんです。

井戸に閉じ込められた哲宗は水が満ちるのを見て、「助けてくれ」と叫びました。

しばらくして、ソヨンに頼まれたビョンインがこっそり井戸のふたを開けてくれます。

何とか井戸の外に抜け出た哲宗の前には、ソヨンと似てるファジンがいました。

暗い井戸の中でソヨンの顔をよく見ることができなかった哲宗は、ファジンをソヨンだと勘違いして、ソヨンに本を手渡しました。

するとファジンは本に書いてあるキムソヨンという名前を見ても、自分のもののように受け取ったのです。

そして画面は哲宗が王の朝鮮時代に変わりました。

井戸に入った哲宗はパニック状態で失神します。

その時、誰かが井戸を眺めると、哲宗はその人がファジンだと思って、「ファジン」と名前を呼びました。

哲仁王后 9話 あらすじ ネタバレ 感想
引用元(tvNキャプチャー)

しかし、井戸の中を見た人はソヨンでした。

結局、子供の頃に哲宗を助けてくれた人はソヨンでしたね。

哲仁王后9話の感想とみんなの口コミ

8年前の映像を見ながらソヨンとファジンが塀を間に置いて対話を交わしたシーンを見て、実はこの二人は仲が良かったことを知りました。

しかし、「お母さんに会いたければ後を追って死んだら?」というファジンの言葉を聞いて、やはりファジンは一癖も二癖もありそうですね。

これからもソヨンとファジンは交わることがないのでしょうか。気になりますね。

では、他の方のコロミはどうでしょうか?

今から一緒に見てみましょう!

 

メンタルが崩壊した哲宗も好き。
哲宗がどんな姿をしていてもやはり好きになるしかないようですね!
皆さん、哲仁王后9話は視聴率が大ヒットします。

エビニュたちが保障します。 監督、私たちを信じてください。

 

ここで話してるエビニュは、AB6IXのファンクラブの名前です。

今回ご紹介した哲仁王后9話でAB6IXがostを歌いましたね。

韓国だけでなく日本でもとても人気ですね!

まとめ

9話では哲宗が自分を救ってくれた人がファジンだと信じていた理由が分かりました。

後に哲宗がこの事実を知れば、ファジンに大きな裏切りを感じるのではないかと心配ですね。

そして8年前、井戸に閉じ込められた自分を救ってくれた人が、ソヨンだということを知れば、ソヨンに対する感情が大きくなるんじゃないでしょうか?

次の話で哲宗がこのことを知るのかどうか気になりますね!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です