石田彰が吹き替えをしている韓国ドラマは?動画あり

韓国ドラマでいつもイ・ジュンギの声の吹き替えされているのは石田彰さんという声優さんです。

そこで石田彰さんのプロフィールやイ・ジュンギのどんな韓国ドラマで吹き替えをしているのか、またイ・ジュンギ以外の韓国ドラマも調べてみました!

さっそくご紹介します。

吹き替え声優の石田彰はどんな人?


http://pg-wcf.co.jp/profile/01/

石田彰(いしだあきら)プレイボーイ
職業:声優、俳優
出生地:愛知県日進市
生年月日:1967年11月2日
事務所:ピアレスガーベラ
1979年に放送された『機動戦士ガンダム』を見て声優に憧れたという石田彰さん。

中学生の時演劇部に入部し、演劇を学ぶため日本大学藝術学部演劇学科に入学します。

在学中には、もう江崎プロダクション付属養成所(現マウスプロモーション付属俳優養成所)に入所しました。

声優業は養成所時代からを始めていて1990年のデビュー1年前に参加したOVA『世界名作童話全集』の「おやゆび姫」の王子様役が初仕事ということです。

『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲル役など人気キャラクターを数多く演じています。

画像引用:Amazon新世紀エヴァンゲリオンポストカード[渚カヲル]

2007年には第1回声優アワードにおいて『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』アスラン・ザラ役でサブキャラクター賞男優部門受賞を受賞しています。

30年以上のキャリアを持つ石田彰さんの声優としてのストイックさは、基本アニソンなどの依頼は受けず声のお仕事に集中されているというところにも現れています。

『銀魂』の桂小太郎のような中性的なイケメン役から声色の幅広さで狂気を帯びた悪役まで幅広く演じています。

またご本人は人間嫌いを公言されているとかで、ファンイベントにもあまり出られないということですよ。

また2020年には話題沸騰中の「劇場版『鬼滅の刃(きめつのやいば)』無限列車編」の敵キャラ、猗窩座(あかざ)役もされています。

「タイタニック」「ザ・ビーチ」のレオナルド・ディカプリオも担当しました。

ディカプリオは色々な方が吹き替えしていますが、石田彰さんの吹き替えはとても人気が高いようです。

海外ドラマでも多く見かけますが、多かったのがこのようなコメントでした。

確かに石田彰=ネタバレ?って思いますね!

ではその声の演技を少しご紹介します。

では次に韓国ドラマでの活躍をご紹介します。

吹き替えをしている韓国作品

まずは、一覧で作品を紹介します。

イジュンギ作品一覧

作品名 役名 公開年
フライ・ダディ コ・スンソク 2006年
光州5・18 ジヌ 2007年
犬とオオカミの時間 イ・スヒョン/ケイ 2007年
イルジメ一枝梅 ヨン/イ・ギョム/イルジメ 2008年
アラン使道伝 ウノ 2012年
TWO WEEKS チャン・テサン 2013年
朝鮮ガンマン パク・ユンガン 2014年
麗〜花萌ゆる8人の皇子たち ワン・ソ 2016年
バイオハザード:ザ・ファイナル チュウ司令官 2016年
シチリアの恋 パク・ジュンホ 2016年

石田彰とイジュンギの出会い

石田彰 吹き替え 韓国

画像引用:王の男公式ポスター

イ・ジュンギさんの吹き替えは石田彰さんがずっと担当されていますが、一番最初に石田彰さんをキャスティングしたのは吹き替え演出家の市来満(いちきみつる)さんです。「王の男」(2005年)という作品でした。

16世紀の韓国の宮廷を舞台に、固い絆で結ばれた2人の旅芸人の愛と運命を描いた映画でイ・ジュンギは旅芸人の女形・コンギルを演じました。

この役柄に石田彰さんの中性的な声がとてもあい、妖艶な魅力あるイ・ジュンギを見せてくれました。

それから、イ・ジュンギの声はほぼ石田彰さんが演じられるようになりました。

一人の俳優さんの声を一人の声優さんがずっと担当することを持ち役といいます。

まさにイ・ジュンギの日本語の声と言えば石田彰というイメージを作ったということですね。

『王の男』の以降はどんな映画の吹き替えをしているのでしょうか?

二人は会ったことがある?

イ・ジュンギの声を担当している石田彰さんはイ・ジュンギ本人と会ったことがあるのか気になりますね。

そしてイ・ジュンギと並ぶ石田彰さんを見つけましたよ。

それは2006年公開の映画『フライ・ダディ』でのインタビュー動画でした。

イ・ジュンギさんに石田彰さんがインタビューしていました。

石田さんのキャラを知るファンからは「このようにインタビューをしている石田さんは見てるこっちが緊張する」と言う声も上がるくらい珍しいことのようです。

それだけイ・ジュンギとの縁が深いということではないでしょうか?

イ・ジュンギは語ってるのは字幕がなくてわかりませんが、イ・ジュンギも石田さんも若いですね。

ちょっとイ・ジュンギも緊張しているよう見えるのは私だけでしょうか。

ワン・ソ


画像引用:麗公式サイト

大人気ドラマ『麗〜花萌ゆる8人の皇子たち』の主人公ワン・ソ皇子の吹き替えは、もちろん石田彰さんです。

ヒロインのヘ・スは白石涼子さんですね。声優もとても豪華なキャスティングです。

↓動画ではなくコマ送りの映像です↓

 

この二人の声の演技で何回も泣きましたね~

イ・ジュンギ本人はどちらかというと低音ボイスですが、石田彰さんのミステリアスな声がこのワン・ソの役にとても合っていました。

『麗〜花萌ゆる8人の皇子たち』の吹き替え声優陣はこちらの記事で詳しく説明しています

吹き替えの口コミ

  • アラン使道伝
石田彰 吹き替え 韓国

  • 犬とオオカミの時間。


画像引用:犬とオオカミの時間公式サイト

レコメン録音して、録画してた数話前の『犬とオオカミの時間』を見てました(笑)声優が石田さん… 実際のイジュンギの声も好きだけど石田さんの声にドキドキして、イジュンギの笑顔にドキドキして… 私の心臓忙しいです(^^;)

  • イルジメ

画像引用:イルジメ〜一枝梅公式サイト

  • 朝鮮ガンマン

石田彰 吹き替え 韓国
https://ent.sbs.co.kr/news/article.do?article_id=E10005414075

ドラマ⑥TWO WEEKS(チャン・テサン)

石田彰 吹き替え 韓国

画像引用:TWO WEEKS公式サイト

イ・ジュンギの顔を見たらもう石田さんの声が思い浮かぶという感じですね!

イ・ジュンギ以外でも多くの韓国作品で吹き替えをしているのでほんの一部をご紹介します。

イ・ジュンギ以外の韓国作品

映画:殺人の追憶(パク・ヒョンギュ役パク・ヘイル)

画像引用:殺人の追憶Wikipedia

2003年『殺人の追憶』は2003年に公開された韓国のサスペンス映画です。

軍事政権下で比較的治安のよかった1980年代後半に発生し、10人の犠牲者を出した華城連続殺人事件を巡る刑事たちを描いています。しかし映画はその事件をモチーフとしたフィクションとなっています。

(パク・ヒョンギュ役パク・ヘイル)

パク・ヘイルが演じた心にパク・ヒョンギュ役は闇を抱えた犯人とおぼしき人物でした。その人物像を石田さんの狂気をうちに秘めた深さのある声がよく表現していました。

映画:ラブストーリー(オ・ジュナ役チョ・スンウ)

石田彰 吹き替え 韓国
画像引用:クラッシック公式サイト

2003年公開の映画。母と娘、過去と現代、時を越えて続く感動のラブストーリーです。

オ・ジュナ役チョ・スンウの声を石田彰さんが担当しました。


画像引用:チャスンウWikipedia

ドラマ:「六龍が飛ぶ」(イ・バンウォン役ユアイン)

石田彰 吹き替え 韓国
画像引用:六龍が飛ぶ公式サイト

朝鮮王朝建国の歴史を新たな角度から描いた6人の英雄のエンターテインメント超大作です。

このドラマでユアインは新しい国家の建設を夢見る青年時代から、王位を狙う冷酷な野心家としての姿までイ・バンウォンの変化を説得力ある演技で表現し絶賛されました。

ストーリーが進むごとに変化するイ・バンウォンを石田彰さんもその声で見事に演じてくれました。

https://twitter.com/SJJiJu25/status/1055055986019393537?s=20

声優石田彰の吹き替え韓ドラのまとめ

画像引用:王の男公式サイト

イ・ジュンギの声を担当している石田彰さんについてご紹介してきました。

30年以上のキャリアを持つ素晴らしい実力のある声優さんです。

素敵な声優さんとわかって今後の吹き替えも楽しみになり、ますます応援したくなリましたね♪

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

レイ
レイです。たまたまテレビで見かけた韓国ドラマ『夜を歩く士』から一気に韓ドラの沼にハマりました。 そこからは、夜な夜な韓ドラを見ています。見始めると1つのドラマを3日くらいで見終えます。 ドラマの感想や皆さんの口コミを紹介したいと思いブログを書いています。 一番好きな俳優さんはイジュンギです。 8歳と5歳のママです。