『九尾の狐とキケンな同居』10話あらすじネタバレと感想!距離を置く二人

九尾の狐とキケンな同居

お互いの気持ちを確認した後、恋人になったイダムとウヨ。

今回ご紹介する10話では、イダムを見る度にひもじさを感じて、不安に思うウヨの姿が描かれました。

ウヨは初めて感じるこの欲求を、どうやって抑えようとするのでしょうか?

今から、韓国ドラマ『九尾の狐とキケンな同居』10話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介しますね!

その前に9話がまだな方はこちらです。

九尾の狐とキケンな同居

あらすじネタバレ

公式サイトより作成)

キャスト視聴率についてはこちらで紹介しています。

九尾の狐とキケンな同居 あらすじ 視聴率 人物相関図 キャスト

ウヨの荒っぽいキスに驚いたイダムは、彼を押しのけました。

そしてイダムはウヨに「ちょっと待ってください。嫌だというのではなく、少し戸惑っていた」と伝えました。

突然のキスにイダムは戸惑いましたが、ウヨと初めてのキスをしたという事実に胸がときめく思いを隠せませんでした。

しかし、ウヨは自分がイダムの脅威になった、という事実に苦しみました。

プラトニックラブ

九尾の狐とキケンな同居 10話 あらすじ ネタバレ 感想

https://blog.naver.com/jarlanlhd/222409381167

その後、ウヨはヘソンにイダムとの出来ことを伝え、助言を求めました。

そんなウヨに、ヘソンは「イダムとのスキンシップをできるだけ避けるように」とアドバイスします。

ヘソンの助言を聞いたウヨは、イダムとのスキンシップを避け始めます。

その後ウヨは、イダムとカフェやゲームセンターでデートをする時も、お互いの体が触れないようにしようと努力するのでした。

甘い恋愛をしたかったイダムは”私がこの前キスする時、押しのけたせいで、私とのスキンシップを避けてるのかな”と自責します。

狐玉の精気がみなぎっている

イダムとスキンシップができなくなり、食欲を満たすことができなかったウヨ。

彼は突然のめまいで講義もできませんでした。

そんなウヨが心配だったイダムは、ウヨの研究室を訪れました。

イダムは椅子に倒れているウヨを発見しました。

イダムを見るやいなや、空腹に襲われたウヨは「ダムさん、しばらく出ていた方がいいです」と言い、イダムを研究室の外に出すのです。

その時ヘソンが現れ、イダムの手首を引っ張って外に出ました。

以後、ウヨはヘソンに「自制ではなく、統制ができていない感じだ。 そしてもっと重要なのは、何だか精気が充満していると思う」と言いました。

九尾の狐とキケンな同居 10話 あらすじ ネタバレ 感想

https://blog.naver.com/jarlanlhd/222409381167

結局、ウヨはイダムに電話し「精気が足りず、まだ人間になっていない」と告白します。

また「人間になる方法が見つかるまで、しばらく距離を置こう」と提案しました。

ウヨは、イダムの精気を自分が全部奪うか、と心配したのです。

イダムは距離を置こうというウヨの言葉に「付き合い始めたばかりなのに」と、失望する様子を見せました。

しかし、最近自分の顔色が悪くなったことと、減った体重を確認したイダムは、ウヨの提案を受け入れました。

二人が「しばらくそうしよう」と電話で話し合うところが切なかったですね。

 

サンシンの目的は?

一方、イダムを見守っていた学校の先輩に化けて、イダムのそばをついて回っていたサンシン。

彼の正体に気づいたウヨはサンシンに「そのような姿をして、監視する理由は何ですか」と尋ねます。

サンシンは「それは僕が聞きたい。あなたこそ今何をしているのか! 今まで恋をしていい結末を迎えたことがある?結局、人間は人間と結ばれるのが道理だ」と警告します。

また「それにもかかわらず、あの子(イダム)が千年ぶりに訪れたあなたの運命だと固く信じているなら、直接確認してみなさい。本当の運命は何なのか」と言い、イダムとソヌを運命の赤い糸で縛るのでした。

こうしたサンシンの行動に憤ったウヨは「狐はイヌ科だ。どんなにおとなしい犬でも触ると噛む」と警告しました。

僕の方がもっと好きだから

イダムとソヌが一緒にいる様子を見たその後、ウヨはジェジンに化けて、イダムの気持ちを探りました。

ウヨがジェジンの姿に化けたことに気づかなかったイダムは、彼に「彼氏ができた」と告白します。

そしてイダムは「私のほうがもっと彼が好きだ」と打ち明けました。

イダムの告白に、突然自分の姿に戻ったウヨは「僕のほうがもっとあなたが好きです。それで今かなり後悔しています。 距離を置こうと言ったのを」と切ない思いを伝えました。

ウヨの心を確かめたイダムは、彼の手を取ります。

イダムは「あなたが言ったじゃないですか。1年は持ちこたえることができると。どうにか持ちこたえてみます。なんとかやってみますから距離を置かないで、 一緒にいましょう」と言いました。

運命の赤い糸の力

イダムは同期が集まった食事の席で、彼氏がいると告白します。

九尾の狐とキケンな同居 10話 あらすじ ネタバレ 感想

https://blog.naver.com/riael1230/222409589004

イダムの言葉を聞いて憂鬱になったソヌは、立て続けに酒を飲み干しました。

サンシンがイダムとソヌを結んだ、運命の糸のせいなのでしょうか。

そんなソヌが心配で、気になったイダムは彼に近づきました。

すると、酔っぱらったソヌはイダムに抱かれるのでした。

ソヌとイダムの小指に赤い糸が結ばれているのが、映し出されます。

そんな二人の姿をウヨが目撃し、10話が終わりました。

感想とみんなの口コミ

今になってやっとお互いの心を確認したウヨとイダムが、身体的限界により一緒にすることができない苦難を経験しています。

二人にとって愛は本当に大変なことのように見えました。

そして、ウヨの前に再び現れたサンシン。

今までサンシンは、ウヨが人間の精気を集め、人間になることを願うものだと考えていましたが、そうではなかったのでしょうか?

彼がウヨに望むことが何なのか気になりました。

こちらには、他の方の口コミをまとめてみました。

一緒に見てみましょう!

和訳
10話のエンディングはとても悲しい。
イダムとソヌの手に繋がった赤い糸。。。

この赤い糸のせいでつらい思いもしてるウヨのことがとても心配ですね。

サンシンは一体何の考えをしているのでしょうか。

和訳
今回の『九尾の狐とキケンな同居』10話が、あまりにもウヨに薄情だった。
人間であるソヌとイダムには青と定義された。イダムの青い服、 そしてソヌの青い車…
しかし、ウヨには絶対に青を許さなかった。彼が抱いている赤い狐玉のように

本当に九尾狐と人間は一緒にいると幸せになれない関係なのでしょうか?

それでも二人が幸せに愛する姿が見たいですね。

まとめ

サンシンがイダムとソヌを運命の糸で縛ったことで、ウヨを不安にさせました。

いきなりソヌとイダムを運命の赤い糸で縛ってしまうとは、恋人になったばかりのウヨにとって、ひどいのではないですか!

果たして、この運命の糸がきっかけとなって、どのようにウヨに働くのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です