韓国ドラマ『月が浮かぶ川』4話あらすじネタバレと感想

月が浮かぶ川 18話 ネタバレ 感想

自分が高句麗の王女だということを知ったピョンガン!そして、幼い頃に短く通り過ぎたピョンガンとオンダルの運命のような縁。

今回の話では、ピョンガンとオンダルが互いについて思い出される様子が描かれていました。

今から韓国ドラマ『月が浮かぶ川』4話あらすじ(ネタバレ)と感想を書いていきますね!

3話がまだな方はこちらからどうぞ↓

月が浮かぶ川 18話 ネタバレ 感想

韓国ドラマ『月が浮かぶ川』3話あらすじネタバレと感想

人物相関図

キャストについてはこちらで詳しく紹介しています

月が浮かぶ川 18話 ネタバレ 感想

韓国ドラマ『月が浮かぶ川』キャスト(相関図)・全話あらすじ・視聴率

あらすじネタバレ


https://blog.naver.com/bhh0501/222254799389

ピョンガンに出くわした平原王は亡霊が現れるのだと思い、恐れました。

続いて官軍を呼び入れます。

それですぐ人が押しかけるとピョンガンはそこを抜け出しました。

ピョンガンをスンノブの村に連れて行くオンダル

その後、ピョンガンは平原王がヨン王后の恋人だと疑っていたウォルグァンのもとに訪れました。

ピョンガンはウォルグァンから8年前、母のヨン王后と自分にあったことを聞きます。

平原王の疑いによりヨン王后が亡くなり、スンノブの人々も無念の死を遂げたという話でした。

ウォルグァンの言葉を聞いたピョンガンは衝撃を受けました。

ピョンガンは殺手として平原王に刀を向けたこともありました。

そのためピョンガンは再び父に王女として帰ることも、再び殺手として生きることもできない境遇になってしまったのです。

その時刻、オンダルはヘモヨンに捕まり、すべての血を抜かれる危機に瀕したにもかかわらず、そこでピョンガンを待ちました。

ピョンガンはそんなオンダルを忘れずに迎えに来ました。

そして二人はスンノブの村へ向かいます。

スンノブの人々は行き場のないピョンガンを温かく迎えてあげました。

ピョンガンを殺そうとするコウォンピョと、手に入れようとするヘモヨン

一方、ピョンガンが生きていることを知ったコウォンピョはコゴンに、ピョンガンを発見したらすぐに殺せと命じます。


https://blog.naver.com/bhh0501/222254799389

ヘモヨンもピョンガンが生存していることがわかりました。

ヘモヨンはこれを利用して、自分の家系であるソノブの土地を増やす計画を立てました。

実は、宮内でコウォンピョの威勢が強かったため、ソノブは力を発揮できずにいました。

それでヘモヨンはピョンガンが生きているという事実を利用すれば、自分たちにもっと有利な状況を作ることができると考えたのです。

互いについて思い出すピョンガンとオンダル

次の日、スンノブの村では盛大な祭事が行われました。

これはオンダルの父であり、スンノブの人々を守るために自らを犠牲にしたオンヒョプの祭祀でした。

これを知ったピョンガンは罪のない犠牲者たちを思い出し、自ら命を絶とうとしました。

月が浮かぶ川 4話 あらすじ ネタバレ 感想
https://blog.naver.com/bhh0501/222254799389

一方、オンダルはピョンガンを訪れに村にやってきたコゴンからピョンガンの正体を聞かされました。

オンダルはピョンガンが過去、自分の父とスンノブの人々を悲劇に追い込んだ平原王の娘、高句麗の王女であることを知ったのです。

その後、オンダルは絶壁から身を投げようとするピョンガンを探し助けました。

続いてピョンガンに「あなたの命は僕の父とスンノブの人々が犠牲となって守ってくれたものだ。死ぬならその人々の許諾を得て死ね」と叫びながら彼女を捕らえました。

コゴンを帰すピョンガン

やっと落ち着いたピョンガンは自分を訪ねてきたコゴンに「王女は死んだ、8年前のその時」と言います。

また、「ここを発見した以上、誰も無事に帰ることはできない」と刀を向けようとしました。

これを見たオンダルはもう一度ピョンガンを引き留めました。

一旦コゴンはピョンガンが望む通り、スンノブの人々が住んでいるこの村の存在が外部に漏れないように口を閉ざすことにしました。

月が浮かぶ川 4話 あらすじ ネタバレ 感想
https://blog.naver.com/bhh0501/222254799389

コゴンが去った後、ピョンガンはもしかすると自分のせいでスンノブの人々がまた被害を受けるのではないかと思って、村を去ることに決心します。

続いてピョンガンはスンノブの人たちに、自分の正体を明かそうとしました。

その時、オンダルは彼女の正体は殺手だと言って、ピョンガンのために嘘をつきました。

そしてオンダルは「僕が連れてきたのだから責任を負う」と言い、ピョンガンの言葉を遮りました。

平原王に知らせるコゴン

一方、再び宮殿に戻ってきたコゴンは平原王にピョンガンが生きているという事実を伝えました。

続いて、「ピョンガンを無事に連れてくるので、命を下してほしい」と言います。

感想とみんなの口コミ

これまで狂気に満ちた姿だけを見せてきた平原王が、娘のピョンガンが生きているという話を聞いて、目つきが変わる場面が印象深かったです。

これからの平原王の変化が期待される場面でした。

そしてピョンガンに向かうオンダルの一途な気持ちもとても素敵でした。ピョンガンを守るために自分のすべてを捧げるように見えました。

4話を視聴した他の方の口コミも気になりませんか?

こちらにまとめてみたので、見てみましょう!

和訳
月が浮かぶ川4話。でももう宮入りしちゃうの?? いきなりこんな風に??

話の展開上、5話でもうピョンガンが宮殿に入ってしまうと、あまりにも虚しくなると思いますが。

なんだか、コウォンピョの邪魔がひどくなって、これからピョンガンに危険が迫ってきそうです。

この方も4話の展開が気に入ったようですね!

まとめ

ピョンガンが生きていることを知った平原王はコゴンとともに王権を持つため、ピョンガンを宮殿に連れてくる計画を立てそうですね。

果たして、コウォンピョの邪魔を振り切って、ピョンガンは無事宮殿に戻ることができるのでしょうか?

またピョンガンが王女の身分に戻ったら、オンダルとはどうなるかも心配ですね。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

レイ
レイです。たまたまテレビで見かけた韓国ドラマ『夜を歩く士』から一気に韓ドラの沼にハマりました。 そこからは、夜な夜な韓ドラを見ています。 ドラマの感想や皆さんの口コミを紹介したいと思いブログを書いています。 双子男子のママ。