韓国ドラマ『哲仁王后』12話のあらすじネタバレと感想

哲仁王后 20話 最終回 あらすじ 感想

11話では、ファジンがソヨンに本物の矢を向ける場面で終わりました。

果たして、ソヨンは無事でしょうか?

宴会場での緊張感あふれる勢力争いや葛藤関係を示す中で、ソヨンと哲宗の活躍がとても心躍る回となっています。

早速、韓国ドラマ『哲仁王后』12話のあらすじネタバレと感想を書いていきます。

哲仁王后12話のあらすじネタバレ

ファジンはソヨンを発見して、弓を引っ張ります。

しかし、矢はソヨンのすぐ隣の木を貫きました。

そしてファジンはソヨンに「獲物と間違えて撃つところだった」と言います。

続いてファジンは「私を脅迫するために、オウォルを殺すべきだったの?」と怒りました。

ソヨンは「私の仕業ではなく、または偶然であるか、誰かが私たちの仲を裂こうとしてる」と話します。

けれどもファジンはソヨンの話を信じませんでした。

すると悔しいながらも怒ったソヨンはファジンに釈明するのをあきらめ、ファジンと敵対することにします。

狩猟大会では宮人の助けを借りたソヨンが勝ちました。

哲宗の威勢を折ろうとする純元王后とキムジャグン

一方、哲宗とビョンインの対決では哲宗が勝利します。

哲宗はビョンインに「今知ったか。宮の主は誰なのか」と言いビョンインを制しました。

その後、キムジャジンはビョンインに「やることがある」とささやきました。

哲宗とビョンインの対決で哲宗が勝利すると、純元王后はキムザグンに「今日は哲宗に力があると思う」と言い、「哲宗がこんなことを企むまで何をしたの」と詰問しました。

するとキムザグンは「準備したことがあるから見守ってください」と答えます。

宮殿に戻ったソヨンはハン室長に似た男が宮殿の中に入って、水がめの中に何かを入れることを見て、怪しく思いました。

そしてソヨンは上宮にその男の名前を調べさせました。

哲宗を手伝うソヨン

その時刻。

王様の食事を作る台所수라간(水刺間)ではハン室長が水がめに入れた毒草のせいで、料理人たち全員が腹痛を訴える事件が起きました。

弱り目に祟り目で、キムザグンは宴会で使う食材を抜き取ります。

食材が消えたことを知った哲宗は、ヨンピョンクンに食材を求めてくるように言います。

しかし、食材を求めて宮殿に戻ってきたヨンピョンクンは盗賊に会い、食材をすべて奪われてしまいました。

これもまたキムザグンが哲宗の宴会を台無しにするために計画したものです。

宴会の料理をする人全員がお腹を壊し、さらに準備した食材は全て失った状況。

ソヨンは食材を手に入れるのに苦労する哲宗に、「宴会を諦めてはいけないの?」と聞いてみます。

しかし哲宗は「死体のようにじっとしてはいない」と答えました。

哲仁王后 12話 あらすじ ネタバレ 感想

それでソヨンは哲宗を助けるために、水刺間に入ります。

それからソヨンは竜巻ポテト、豆肉バーガー、ようかんでコース料理を作りました。

哲宗が宴会に招待した人たちはどんな料理が出てくるのか期待していました。

しかし、料理がとてもこぢんまりして出てきたので、皆がっかりしました。

すると、哲宗はソヨンが渡した料理の名前を見て、宴会に集まった家門の人たちに「飢える民のために素朴に準備したんですよ」と言って、料理に含まれた意味について説明します。

哲仁王后 12話 あらすじ ネタバレ 感想

哲宗の話を聞いて料理を食べ始めた人々はみんな新しいと満足そうでした。

その後、ソヨンは料理を終えた後、再び宴会場に戻って来ました。

その時、尚宮はその男性の名前がハンシムオンであり、族譜を買い受けていた偽者両班だとソヨンに伝えます。

ハン室長はもともと両班家門ではなく、自分の立場を固めるためにあらゆる仕事をしていたのです。

禁衛営を失い、危機に瀕する哲宗

キムザグンはせっかく食材を横取りしたにも関わらず、宴会の料理が用意されると怒りました。

そしてキムザグンはビョンインとともに哲宗を護衛する금위영(禁衛営)に身分を偽った護衛の武士たちがいることを暴露しました。

キムザグンは哲宗が秘密名簿を持って行ったのだと思い、帳簿を公開することが出来ないようにこのようなことを行ったのです。

キムザグンは彼らを首切りにすると言いました。

結局、哲宗はキムザグンに身分を偽った武士の処分を任せます。

一方、哲宗がキムザグンの勢力を弱めるために後宮冊封までした家門の人たちは哲宗が危機に瀕すると、すぐキムザグンの味方につきました。

哲宗は宴会の後を締めくくる祭祀を行い、自分の無能さを悲しみ、涙を流しました。

いくらあがいても結局元の場所だという事実に茫然自失としていました。

ところが突然、哲宗がいる祭壇が爆発し、哲宗は意識を失って倒れ…。

12話が終わります。

哲仁王后12話の感想とみんなの口コミ

ソヨンが宴会の準備に使える料理を作りました。その料理が全部おいしそうに見えて、そのシーンを見ながら空腹を感じるほどでした。

そして、ソヨンが作った料理を食べて満足している純元王后とキムザグンの表情もとても面白かったです。

現代料理をうまく現地の食材で見立てていて、発想がさすが、と最高でした。

また、最後に哲宗が爆発で吹っ飛び倒れたのを見て、ソヨンが一番に駆け寄ろうとしたところも印象深かったです。

二人は愛し合っているので、幸せになって欲しいと思いました。

それでは12話を視聴した他の方のコロミも見てみましょう!

12話の先行画像に上がってきたこの場面を見ると、やはりこのような期待をするしかないようですね!

https://twitter.com/beautifulhope99/status/1350850491190706176?s=20

私もこのシーンを通じて、哲宗に対するソヨンの感情がどんどん大きくなっているということが分かりました。

本当にお腹が空いていく場面でした。

意識を失って倒れた哲宗がとても心配になりますね。どうか無事でいてほしいです。

まとめ

哲宗は祭祀を行っていた時、爆発によって意識を失って12話が終わりました。

一体誰がこんなことをしたんでしょうか?

哲宗は無事でいられるかとても心配ですね。

一方、鉄人王后は12話を皮切りに後半部へ行くほどますます迫力に満ちているようで次の話がもっと楽しみです!

画像引用元:公式ページ

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

レイ
レイです。たまたまテレビで見かけた韓国ドラマ『夜を歩く士』から一気に韓ドラの沼にハマりました。 そこからは、夜な夜な韓ドラを見ています。 ドラマの感想や皆さんの口コミを紹介したいと思いブログを書いています。 双子男子のママ。