イジュンギ『悪の花』の口コミ評価は?韓国と日本の口コミを紹介!

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価悪の花 感想 口コミ 評価

2020年7月29日~2020年9月23日まで韓国tvNで放送されたサスペンスメロドラマ『悪の花』。

主人公のイジュンギとムンチェオンのスピード感あるハラハラした演技もみどころのひとつでしたが、今回はその『悪の花』の反応はどうだったのか?

韓国と日本に分けてクチコミや評価について紹介してみたいと思います♪

『悪の花』は秀逸!

『悪の花』は2020年7月29日~2020年9月23日まで、韓国tvNで放送された16部作です。

途中コロナウイルスの影響で撮影が中断し、特別番組に切り替わったりしましたが、視聴者は集中力を途切らせることなく最終回まで見終えたことと思います。

視聴率においては、最高視聴率が最終回の5.715%でした。これは、Netflix同時放送がなく、かつ深夜の番組であることを考えるとかなり良い結果でしたね。

(引用:http://program.m.tving.com/tvn/evilflower)

やっぱり一番はイジュンギの演技力ですよね。あらすじでもご紹介しますが、今回イジュンギは2面性のある人物を演じています。

その演じ分けがまずすごいですよね。

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価

このポスターはよく表されていますよね。鋭い顔と優しい顔。

ちなみにそのポスターを撮影した日の動画です。

帰宅後のビールが楽しみだと言っていましたね。いつも通りの冗談も言っていますが、目つきがト・ヒョンスですね。鋭さが残っています。

ではまず、あらすじから。

悪の花あらすじ

金属陶芸家のペク・ヒソンは、刑事で妻のチャ・ジウォンと娘のウナと共に幸せに暮らしていました。

ある日、顔馴染みの週刊誌記者キム・ムジンに夫のヒソンを紹介しますが、本名のト・ヒョンスを偽りペク・ヒソンとして生きてきた過去が暴かれそうになります。

そしてヒソンは、自分の連続殺人犯である過去を隠すためにムジンを地下室に監禁することに…。

キャストから見る『悪の花』の評価

まずは、キャスト紹介からしますね。

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価

ペク・ヒソン&ト・ヒョンス役 / イジュンギ

金属陶芸家。良き夫、良き父親として妻のチャ・ジウォン娘のウナと平凡な生活を送っている。秘密の過去を持っている。

チャ・ジウォン役 / ムンチェウォン

ペク・ヒソンの妻。敏腕刑事。仕事では強力系の刑事ですが、家の中では心から愛する夫に尽くす良き妻のジウォン。

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価

ト・ヘス役 / チャンヒジン

特殊メイクアーティスト。連続殺人犯の父親と、その父に殺された母を持ち共犯者と疑われ逃亡。ト・ヒョンスの姉。

キム・ムジン役 / ソ・ヒョヌ

週刊誌の記者。サイコパスに高い関心を持つ。ト・ヒョンスと幼馴染じみ。

キャストについては、こちらの記事でかなり詳しく紹介しています。

➡︎韓国ドラマ『悪の花』キャスト一覧と相関図を紹介!子役も

キャストに対する口コミ

では、韓国と日本に分けて口コミを紹介します。

まずは良かった口コミから。

韓国・良い口コミ
第7話を見たんですが、やっぱりイジュンギさんのドラマは面白くてわくわくしますね。今日も早く帰って第8話を見たいです。イジュンギさんのドラマを見ると他のドラマは見れません。
日本・良い口コミ
イジュンギの優しい表情、険しい表情と、ほんとうに素敵で演技のうまさに脱帽でした。
韓国・良い口コミ
イジュンギ、画面にがばっと出る姿がとても冷たく見えながらも、あっという間に優しい顔に変わるところを見ると、やっぱり演技で全てを魅せてくれるなと感じました。
日本・良い口コミ
イジュンギ、今まで見たこと無かったけど、このドラマを見てオーラが!すごかった。ヒロインのムン・チェウォンちゃんもとってもよかったです。
韓国・良かった口コミ
このドラマの雰囲気がとても怖く見えたので始めから見てませんでしたが、イジュンギ様の演技力には狂っちゃいました。演技に鳥肌が立ちました
日本・良かった口コミ
個人的にはチャ·ジウォンの圧倒的な美貌に釘付けになってしまいました。その一方で、彼女が置かれた状況があまりにも残酷で観ていて胸が締め付けられるかのような苦しみを覚えました。

次に残念だったという口コミです。

韓国・残念な口コミ
ムンチェウォンの演技スタイルや台詞を言う姿は相変わらず下手だった。
韓国・残念な口コミ
ムンチェウォンは個人的に見ると演技の起伏がある女優で、ある時は上手くある時はイマイチなので残念な気もする。

日本では、キャストに対しての残念な口コミは見当たりませんでした。やはり韓国の方は演技に対して目が肥えていらっしゃるのかも。

私個人的には、イジュンギの細やかな演技に見惚れました。指先、空気感、動きのスピードなど顔や声以外の見えないところまで全てに演技力を感じました。

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価

あと、イジュンギのキスシーンが以前に比べるとセクシーになりましたよね。

ただ、一つだけ、一つだけ言わせていただくと、毎回右手を女性の顔に添えて貯めを作ってからキスをするパターン。少し変化が欲しいと思うのでした。

そして、ムンチェウォンの中盤から後半の演技がとても良かったと思っています。撮影後半は涙腺が緩みっぱなしだったのでは、と心配するほどいつも涙を流していて。その涙に何度も共感しました。

ストーリーから見る『悪の花』の評価

では次にあらすじに対する口コミをご紹介します。

まずは良かった口コミからです。

韓国・良い口コミ
すごく怖くて暗く見えますが、じつはギャグコードも結構あって面白いドラマです。ペク・ヒソンとチャ・ジウォンに焦点を当てて見て下さい。

特にヒョンスとムジンの掛け合いはクスッと笑えるポイントが多かったですね。そして、言葉での掛け合いというより、表情や目の動きでのやりとりがユニークでした。

日本・良い口コミ
終始ドキドキ、ハラハラさせてくれたドラマです。サスペンス要素もありつつ、夫婦愛や家族愛について考えさせられる部分もあって本当に最高でした。
韓国・良い口コミ
なかなか良く出来たOSTで、いつもドラマOSTを聞いてイライラする方なんですが、今回のOSTは全て私の好みの曲でした。一つ一つのシーンを思い出して涙が出てくる

やはり悪の花もOSTの役割が大きかったですね。サスペンス系の音楽、涙を誘う音楽とシーンを思い出す時にはOSTも一緒に蘇ります。

韓国・残念な口コミ
テロップで悪の花を見て視聴する準備をしてたんですが、このドラマ謎が多く問題定義が弱く何が問題なのか良くわからない。

確かに分かりやすいストーリーではなかったですね。なので、万人受けするかというとそうでもないかもしれません。

ストーリーの展開はサスペンスでしたが、メインは人物にあったと思うので、見る人によって感じ方や捉え方の違いが出るドラマだったと思います。

日本・良い口コミ
韓流のクオリティーの高さに心底驚かされました。正直なところ、観る前まではかなり侮っていました。疑心暗鬼になってしまうのはしょうがないけれど、実の夫、それを心から愛しているはずの夫をそういう目で見てしまうのはさぞかし精神がすり減るだろうなと思いました。

ドラマ制作陣の言葉を借りるなら「悪意がある所にでも花は咲く」ということでしょう。

結末に対する口コミ

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価

いよいよ悪の花もクライマックス!最終回のクチコミはどうだったでしょうか。

まずは良かった口コミ。

韓国・良い口コミ
悪の花本当に面白い!愛を知らないペク・ヒソンが妻を通して色んな感情を知り、愛という感情も知ってだんだん人らしくなって行く内容で、正直ありきたりだが、なかなか見つけられないドラマなので尚更良かった。
韓国・良い口コミ
悪の花の結末を噛み締めれば噛み締める程いいね。こんなドラマにまたいつ会えるのか…。

次に残念という口コミです。

韓国・残念という口コミ
15話までは良かったんだけど、16話では少し残念だった。
韓国・残念という口コミ
悪いドラマの典型的なパターンを見せた悪の花。結末がシンプル過ぎた。

イジュンギの作品に多いのが、はっきりしたハッピーエンドではない結末のパターンではないでしょうか。

ちょっと尺が足りなかった?と思ってしまう部分は正直あって、それは、逆に言えばドラマに入り込んでいるから、内容が充実がしているからだと思います。

こんな壮大なドラマのラストはどうなの?と思ってしまいますよね。それと、俳優さんの演技が本当に繊細で大切に大切に演じられているからこそ、結末をもっと大切にして欲しいと思うのです。

悪の花 韓国 イジュンギ 口コミ 感想 評価

あとはイジュンギに多いのは、良く言えば、その後の妄想を掻き立てる、視聴者によって結末を自由に捉えることができる終わり方ですよね。例えば、『夜を歩く士』なんかもそのパターン。ハッピーエンドなんだけど、なんか寂しさが残る終わり方。

ドラマにおいて結末ってやっぱり大切で、終わりよければすべてよしではないですが、視聴者としてはハッキリとした何かが欲しいと思うんです。

まとめ

まとめとしては、韓国でも日本でも総じて良い口コミが多かったです。

そして、その良い口コミの大半がイジュンギを褒め称えるものでした。

残念な口コミというのは、やはり結末に不満が残る方がチラホラいらっしゃいました。

私もですが、本当にドラマに沼った人ほど、ラストには寂しさを感じるのかもしれませんね。

2件のコメント

イ・ジュンギ主演『悪の花』観ました!2年ぶりの主演作品に前評判そっちのけで飛びつく程に楽しみにしていたこの作品。全話見終わって、こんなに高い期待値にも充分応えてくれた作品だったと思います。本場の韓国の方々の口コミ!面白いですね。日本のファン同士で話す事はあっても韓国の方の反応をリアルに感じる事はなかなか難しいので比較の特集は非常に助かります。エンタメは個々人の捉え方でメッセージの受け取り方が違うので悪い口コミも大変興味深く読ませて貰いました。むしろ良い口コミだけではウソっぽく面白くありません、楽しく興味深い記事ありがとうございました♪15話からの16話?どんなだったっけ?もう一周視聴してみようかな (笑)。

コメントいただきありがとうございます!
本当に世界のイジュンギファンの期待に応えてくれて、かつ韓国ドラマファンも唸らせた作品ですよね。
韓国ではどういった感想が持たれているのか知りたくて記事を書いてみました。喜んでいただけて私も嬉しいです^^
ぜひ、もう一周いや2周でも3周でもしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です