『九尾の狐とキケンな同居』3話あらすじネタバレと感想!傾いていく気持ち

九尾の狐とキケンな同居 あらすじ 視聴率 人物相関図 キャスト

前回の話では、イダムの体から狐玉を取る方法を知っていたウヨが、狐玉を取ろうとしました。

しかし、その瞬間!イダムの体にあった狐玉が、色が青くなりました。

それを見たウヨは驚き、イダムを抱えたところで話が終わりました。

急に狐玉の色が変わった理由は何でしょうか?

では早速、韓国ドラマ『九尾の狐とキケンな同居』3話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介しますね!

その前に2話がまだな方はこちらです。

九尾の狐とキケンな同居 あらすじ 視聴率 人物相関図 キャスト

あらすじネタバレ

公式サイトより作成)

キャスト視聴率についてはこちらで紹介しています。

九尾の狐とキケンな同居 あらすじ 視聴率 人物相関図 キャスト

ウヨは自分より先に人間になったヘソンに、イダムの体の中にある狐玉を確認するためキスを試みたたことを話します。

そしてその時、狐玉が赤色ではなく青色に変わったことを打ち明けました。

その話を聞いたヘソンは、びっくりしながら「今までそんなことはなかったじゃない」と言いました。

続いて彼女は「狐玉が青く変わったのだから、運命だと感じるしかない。あなたに来た最後のチャンスかもしれないから、これを活かさないと。この際、あなたもイダムと付き合えばいい」と伝えます。

へソンはウヨに、イダムの体の中にある狐玉の色を完璧に青くするため、イダムと付き合うことを提案するのでした。

まだ付き合う気のないイダムとウヨ

九尾の狐とキケンな同居 3話 あらすじ ネタバレ 感想

https://blog.naver.com/werjazz/222382846925

イダムは、自分を抱きしめたウヨに「なぜ誤解を招く行動をしたの」と詰問しました。

ウヨはヘソンの助言に従い「誤解でなければ? 僕が付き合おうと言ったらそうするつもり?」と聞くのです。

するとイダムは「あなたは私のタイプじゃないんですよ」と断りました。

その後も、ウヨはイダムを喜ばせるための努力を続けました。

一方、イダムに好感を持っているソヌは、あからさまにイダムにアプローチし始めます。

彼は、アダムに食事をおごるなど、あらゆる場面でイダムに近づこうとします。

イダムは事が大きくなる前に、できるだけソヌが彼女を諦めさせようと努めます。

その理由は、ソヌが寅年の男のため、狐玉を持っているイダムに手が触れると、お腹が痛くなるからでした。

少しでも触れないように、オーバーに避ける様子が笑えますね

ウヨとのシミュレーションデート!

九尾の狐とキケンな同居 3話 あらすじ ネタバレ 感想

https://blog.naver.com/jarlanlhd/222382255733

イダムはウヨに助言を求め、ソヌを遠ざけるための作戦のためにウヨとシミュレーションデートをしました。

レストランであらゆる汚い食べ方をして、イダムはソヌに嫌われるように振る舞う練習をするのです。

そして食事のあと、カフェに入ったイダムとウヨの前に偶然にソヌがやってきました。

その時、ウヨはイダムの肩を抱いて、彼女に触れようとするソヌを警戒するのでした。

そうして二人の間には、妙な緊張感が漂いました。

イダムはソヌに「ただのお知り合いの方」と言って、ウヨを紹介しました。

その後、ソヌはイダムに「今週末に映画を観に行こう」と言います。

隣で二人の話を聞いたウヨは「あなた、僕たちは今行くところがあるから、その話は次にして」と、言い神経戦を繰り広げました。

一緒に過ごす理由は何だろう?

そんな中、イダムは友達のジェジンと弟のイダンに、ウヨとの同居がばれる危機に直面しました。

するとウヨは、ジェジンとイダンの記憶を消す方法で危機を免れます。

続いて彼はイダムに「ただ、家に帰らせただけですよ。記憶は消したままで」と説明するのです。

するとイダムはウヨに怒りました。

イダムは「人間的な感情も持つ必要があるのではないですか」と言い、記憶を平気で消してしまったウヨを咎めたのです。

イダンが心配になったイダムは、弟のいる家に向かいました。

彼女の心配とは違い、イダンは友達を家に呼んで楽しく遊んでいました。

その姿を見たイダムは、ウヨに言い過ぎたのではないかと後悔します。

それにイダムは偶然、ウヨのスマホに保存された番号が一つもないということを見ました。

イダムはウヨに謝罪し「今まで寂しくなかったの?」と尋ねました。

ウヨは「違う。僕は人間という観点で考えてはいけない。九尾狐は寂しさを感じない。大丈夫」と答えるのでした。

イダムは「じゃあ、私と過ごすのも不便なんですか?不便なのに狐玉のために甘んじて受け入れたんですか?」と尋ねました。

その質問にウヨは、何も言えませんでした。

九尾狐であるウヨが、イダムに愛の感情を少しずつ感じ始めたからでした。

その夜、ウヨは自分がイダムと一緒に時間を過ごすのが本当に狐玉のためなのか、真剣に考え込みました。

そして翌日、ウヨはイダムに「狐玉のせいだけではない。誰かといるのは不便ですが、大丈夫ですよ」とメッセージを残しました。

ウヨが残したメッセージを読んだイダムはその隣に返事を書きます。

そこには「私もあなたと一緒に過ごすのは大丈夫です。いや、私は大丈夫なものより、もっと好きです。ただそれだけです」と書かれていました。

雨の日のトライアングル

九尾の狐とキケンな同居 3話 あらすじ ネタバレ 感想

https://blog.naver.com/jarlanlhd/222382255733

イダムは、これまでウヨとのデートで練習した通り、ソヌの前で嫌われる演技をしました。

イダムはハンガン公園に遊びに行って、ジャージャー麺を注文しました。

そして、汚く食べる姿を続けて見せたのです。

イヘリの演技が吹っ切れていて気持ちいいです!

イダムの予想とは違って、このようなイダムの姿もソヌには、可愛らしそうに見えました。

ソヌとの食事の約束を無事に終えたイダム。

これできっと嫌われたから、もう大丈夫と勘違いな安心をするイダムです。

突然の雨で、彼女は服がびしょぬれになったまま家に向かいました。

その頃ウヨの家では、ウヨがまだ帰宅していないイダムを心配していました。

それでウヨは、イダムに電話をかけてみます。

しかし、イダムはスマホのバッテリーが切れて、ウヨの電話に出ることができませんでした。

イダムが電話に出ないと、ウヨは傘を持ってバス停まで迎えに来ました。

イダムは自分を迎えに来たウヨを見て、驚きました。

すると、ウヨはイダムに「これから僕がすぐ横で電話をかけても出て」と、彼女への気持ちを表すのでした。

感想とみんなの口コミ

最後に、ウヨがイダムに言ったセリフ!

「これから僕がすぐ横で電話をかけても出て」

その瞬間、降りしきった雨音が静かに聞こえ、すべてがスローモーションになったような気分でした。

また、その言葉を聞いた時、イダムはわくわくしているように見えました。

ウヨもやはりソヌが気になり始めたのですが、それがただソヌが寅年だからではないようですね。

誰から見ても、 ウヨがイダムのことを好きになっていっているのが感じられるようです。

しかし、イダムは今まで恋愛をしたことがないので、おそらくウヨとソヌ、2人の男の気持ちを察することが容易ではなさそうですね。

こちらには、他の方の口コミをまとめてみました。

一緒に見てみましょう!

和訳
『九尾の狐とキケンな同居』3話のコミックシーンは、以前の回に数回出たせいか、相対的に少なく感じられ、その代わりラブラインがかなり強化されたようです。
九尾狐とソヌ二人とも、イダムに愛が芽生えようとするのはやや焦り、コミックと愛が行き交うシーンの違いがやや微妙でした。
ところが、後半、雨に降られる場面は気に入りました。

この方がおっしゃる雨に降られるシーンは、おそらく多くの方が名場面だと思うはずです。

このシーンを皮切りに、3人の本格的なトライアングルの始まりを示しているようでした。

和訳
あ、『九尾の狐とキケンな同居』3話めっちゃ面白い。
汽車の中でくすくす笑ったら隣のお父さんに怒られたㅠㅠ 必ず見てね、みんな。
電車の中、出てくる笑いを我慢するのは本当に大変ですね。

完璧なキャスティングが織り成す、群を抜いたドラマの完成度!

これで、このドラマをぜひ見なければならない理由ができましたね❣

まとめ

ますますウヨにハマるイダム。

そして、そんなイダムが気になるウヨの様子を見せながら、3話が終わりました。

今回の話では、最後の場面でロマンチックな雰囲気の中で、イダムとウヨの互いに見つめ合う場面が、見る人の心臓をときめかせたようでした。

これから展開される九尾狐(ウヨ)と人間(イダム)のロマンスがさらに期待されます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です