『月が浮かぶ川』18話あらすじネタバレと感想

月が浮かぶ川 20話 最終回 結末 ネタバレ

オンダルがピョンガンのもとを離れてから4年後の話が盛り込まれている18話では、王になった弟のウォンと葛藤するピョンガンの姿が描かれました。

こちらに韓国ドラマ『月が浮かぶ川』18話あらすじ(ネタバレ)と感想を紹介しますね!

その前に前話がまだな方はこちらです。

月が浮かぶ川 20話 最終回 結末 ネタバレ

『月が浮かぶ川』17話あらすじネタバレと感想

あらすじネタバレ

公式ページより作成(こちらの画像の引用は大歓迎ですが、引用の際は必ず当サイトのURLを記載ください) 

月が浮かぶ川 20話 最終回 結末 ネタバレ

韓国ドラマ『月が浮かぶ川』キャスト(相関図)・全話あらすじ・視聴率

https://blog.naver.com/ektha0108/222309169363

嬰陽王(えいようおう)は戦功を立てて称えられるピョンガンを常に警戒しました。

それに反してピョンガンは嬰陽王に忠誠を尽くしました。

これに満足できず、ピョンガンにそれ以上の忠心を求める嬰陽王。

結局、彼は義兄のオンダルを大将軍に任命すると言い、ピョンガンにオンダルを説得するように命じます。

4年後、オンダルの姿

その頃、オンダルは自分の庵に入り蟄居生活を送っていました。

亡き母親の幻影がオンダルの前に現れ、ピョンガンを慕う彼の本心をかきたてます。

しかし、オンダルはピョンガンに対する心を抑えながら大変苦しんでいました。

嬰陽王に忠誠を尽くすと誓いながらも、オンダルに再び刀を握らせることはできなかったピョンガン。

https://blog.naver.com/ektha0108/222309169363

彼女はオンダルが自分を拒否するはずだと知りながら、オンダルに会いに行きました。

久しぶりに一緒に食事をする夫婦の食卓は物悲しいものでした。

オンダルはご飯の代わりに涙を飲み込み、ピョンガンも黙々とした気持ちで、そんなオンダルの姿を目にします。

涙にぬれた食事が終わり、ピョンガンは再び宮殿に向かいました。

この時、ピョンガンはオンダルにここにそのまま残ってほしいと頼みます。

しかしオンダルは、ここに残っていればピョンガンが訪れてくることを、そして自分もピョンガンを恋しがることを知り、さらに山奥に隠れるだろうと伝えました。

しかし、ピョンガンはオンダルがどこに隠れても捜し出すと誓いました。

このようにしてピョンガンとオンダルは涙の抱擁を交わし、再び別れます。

新羅の使臣として高句麗に来るコゴン

新羅では高句麗に送る使臣団を構成していました。

それを聞いたコゴンは、自分が高句麗に行けば死ぬかもしれないということを知りながら、自ら志願します。

https://blog.naver.com/ektha0108/222309169363

そして、そんなコゴンが心配だったヘモヨンは彼について高句麗に来ました。

コゴンが使臣として高句麗に来たのは外交的な挑発でした。

使臣を殺すことが宣戦布告に相違ないということを知りながら、嬰陽王と高句麗の臣下たちは高句麗王室を陵滅するコゴンを殺そうとしました。

しかし、戦場の状況をよく知るピョンガンだけがコゴンを殺すことに反対しました。

これは王の意見に対する反対で、弟と姉の間の葛藤にもう一度火をつけます。

さらに、ヘモヨンに買収されたチン妃まで使臣を殺すことに反対し、ピョンガンの意見を後押ししました。

4年ぶりに再会したピョンガンとコゴン

その後、4年ぶりに平壌城を再び踏んだコゴンはピョンガンと再会することになります。

ここでコゴンが実はピョンガンを愛する心を最後まで消すことができなかったという事実が明らかになりました。

コゴンは4年間新羅で過ごし、ずいぶん前にピョンガンとの結婚が進められたその日からすべてが間違っていると思ったようでした。

ピョンガンとコゴンが結婚していたら、コウォンピョが反乱を起こさなかったはず。

また、そうしていたらコゴンがすべてを失い、新羅の地で何の意味もなく暮らすこともなかったはずだからです。

結局、コゴンの恨みはオンダルを愛し、自分を捨てたピョンガンに向かったものです。

その過程で、完全には消していないピョンガンへのコゴンの愛が明らかになりました。

感想とみんなの口コミ

嬰陽王がピョンガンを敵対する理由が分からないだけでなく、彼の言葉遣いや表情、手振りなどが非常に悪くて、到底慣れませんでした。

嬰陽王がピョンガンに恨みをいだくといういかなる伏線もありませんでした。

わずか前回まではピョンガンと仲が良かったのですが、王になって急に態度が変わりました。

変化を暗示するいかなる伏線もなかったため、嬰陽王がピョンガンを牽制する理由もあまり感じられませんでした。

ピョンガンの威勢が王の権威を超えることを懸念しているようですが、むしろ、ピョンガンが王室の権威を誇っていたのであって、王を脅かすような人物ではないので、全く共感できませんでした。

何でこうなったのでしょうか。

こちらには18話視聴した他の方の口コミをまとめてみました。

一緒に見てみましょう!

和訳
オンダルを捉えることが出来ないピョンガン
ピョンガンが消えるか手に握ってみるオンダル

確かに二人ともまだお互いをたくさん愛しているのに、こんなに離れて過ごす姿を見たらとても心が痛いですね。

和訳
宮から出てきて最も彼ららしく
幸せだった瞬間

この画像の中の二人のように一日も早く幸せになってほしいです❣

和訳
ピョンガンとオンダルこの二人が幸せになりますようにㅜㅜ

まだ最終話まで2回残っているので期待してみますね!

まとめ

誰も予想できなかった嬰陽王の態度。

18話が始まるやいなや、嬰陽王はピョンガンを牽制し、不良で、サイコパス的な姿まで見せたんです。

来週放送される19話と20話で、嬰陽王の明らかにされなかった過去とキャラクターの変化の原因を十分に見せてくれると信じてみますね!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

レイ
レイです。たまたまテレビで見かけた韓国ドラマ『夜を歩く士』から一気に韓ドラの沼にハマりました。 そこからは、夜な夜な韓ドラを見ています。見始めると1つのドラマを3日くらいで見終えます。 ドラマの感想や皆さんの口コミを紹介したいと思いブログを書いています。 一番好きな俳優さんはイジュンギです。 8歳と5歳のママです。