『ホテルデルーナ』7話あらすじネタバレと感想!13号室の幽霊

前話では、デルーナを抜け出した13号室の幽霊が、外界で悪いことをしている場面を映し出され、好奇心をかきたてました。

今回ご紹介する7話では、悪鬼になった13号室の幽霊の願いを聞き届けるために努力するチャンソンとマンウォルの姿が描かれました。

13号室の幽霊が悪鬼になった理由は何でしょうか?

早速、韓国ドラマ『ホテルデルーナ』7話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介しますね!

6話のあらすじと感想がまだの方は、こちらをお読みください。

あらすじネタバレ

ホテルデルーナ キャスト 相関図

画像引用元:ホテルデルーナ公式サイトより作成

マンウォルの木には、もっとたくさんの花が咲きました。

コチョンミョンとの記憶を回想していたマンウォルは、木に花が咲くのを見て「このままだと私は本当に輝きそうだね」と、言って微笑みます。

そんな中、デルーナを訪れた夫婦が喧嘩をしました。

夫は自分より先に死んだ妻を探しましたが、妻は死んだ初恋の人と再会した状態でした。

妻は初恋の人と一緒に過ごしたいと言い、夫を拒否したのです。

その姿を見たチャンソンは、怒ってる夫を止めようとして、一発殴られました。

それを目撃したマンウォルは彼らの間に入り、夫婦喧嘩を仲裁しました。

状況が落ち着いた後、チヒョンジュンはチャンソンに「社長は元々喧嘩があっても気にしない。多分、支配人がもっと殴られるのではないかと思って、喧嘩を止めたようです」と、伝えます。

マンウォルが、自分のことを心配してくれたことに気づいたチャンソン。

彼は”海がきれいで悲しい”と言った、マンウォルの言葉を思い出しました。

そして、テーブルに置いてあったヨットカタログを見ました。

その後、チャンソンはマンウォルを訪れ「海が悲しいのはこのためですか?車に乗って月尾島(월미도)へ行こう。おいしいお店も調べてみる」と言って、デートを申し込みます。

普段だったら怒っていたはずのマンウォルは、チャンソンが席を立つことを確認した後、一緒に月尾島に行くことを期待して笑みを隠せませんでした。

四番目のマゴ神の登場

https://blog.naver.com/thebrowni/221605498981

四番目のマゴ神は、デルーナから脱出した13号室の幽霊を捕らえ、消滅させるために人間界に降りてきました。

デルーナを脱出した13号室の幽霊の名前は、ユンガヨンでした。

彼女は違法な盗撮動画を見ようとしたある男性のスマホの画面を通じて、不気味な姿で現れ、男性の目に呪いを残したのです。

呪われた人間の男性を発見したキムユナは、男性が入ったトイレに入りました。

その時、マゴ神が現れます。

キムユナと出くわしたマゴ神は「あなたの仕業か?」と聞き、彼女の首をぎゅっとしめました。

続いてマゴ神は苦しむキムユナに「この世に残って、秩序を乱した罰だ」と言い、彼女を消滅させようとしました。

その瞬間、使者が登場します。

使者はマゴ神に「その子はデルーナのマンウォルが生かしておいた魂だ」と言って、キムユナを帰しました。

それを聞いたマゴ神は「あの世に帰るべきマンウォルが、いつまで勝手にするのを見るだけにしなければならないのか!」と、怒りました。

すると使者は「もうすぐマンウォルもあの世に帰る」と、答えます。

これに対しマゴ神は「マンウォルの生の悪縁が繰り返されるだろう。 彼女は再び人間を害し、悪鬼として消滅するだろう」と伝えます。

盗撮動画の被害者だったユンガヨン

マンウォルは、キムユナが人を殺したユンガヨンを追いかけ、マゴ神に発覚したという知らせを聞きました。

それでマンウォルは、ユンガヨンを捕まえるための計画を立てます。

マンウォルはチャンソンに、ユンガヨンによって死者が見ていた動画を見るように指示しました。

しかし、チャンソンがその動画を確認した時は、すでにユンガヨンはその場を離れた後でした。

マンウォルは、動画の中に誰もいないというチャンソンの言葉を聞いて、直接動画の中に入ります。

動画に入ったマンウォルは「おそらくユンガヨンは、ほかの動画で誰かが自分を見るのを待っているだろう」と、語りました。

これに対し、デルーナの社員たちはユンガヨンを止める方法を悩み始めます。

その後、チャンソンはユンガヨンの恨みを知るために、彼女の姉を訪ねました。

ユンガヨンの姉は、チャンソンに”妹は生きている間、違法な盗撮動画の被害者だった”ことを伝えました。

そして、そのことで苦しんでいた妹が、自ら命を絶ったことを知らせます。

チャンソンは動画を最初に流したユンガヨンの加害者であるチョンウンソクが現在、動画共有会社の社長になっているという事実を知り、怒りをぶちまけました。

マゴ神によって消滅されるユンガヨン

ホテルデルーナ ネタバレ あらすじ 7話 感想

https://blog.naver.com/thebrowni/221605498981

すべての事実を知ったマンウォルとチャンソンは、チョンウンソクを訪ねました。

二人は騒々しい状況を作って、その隙に彼のスマホをこっそり取ってきます。

悪鬼になったユンガヨンが、最後に生き残った加害者であるチョンウンソクを探して殺す前に、先に彼を捜し出して自分が犯した罪を反省させた後、あの世に送ろうとしたのです。

しかし、二人の作戦は失敗しました。

ユンガヨンは、チョンウンソクのノートパソコンのモニターを通じて、彼を殺そうとしたのです。

ユンガヨンがチョンウンソクに復讐しようとした瞬間、マゴ神が現れ彼女を消滅させました。

一歩遅れて到着したチャンソンは、ユンガヨンの姉が言った”魂になったら苦痛はないでしょう”という言葉を思い、胸を痛めました。

マンウォルも消滅したユンガヨンを、建物の屋上から悲しい目で眺めます。

消滅した幽霊を見たチャンソンはとても驚き、チヒョンジュンに「この世の幽霊はみんな消滅するんですか?ホテルの職員の皆さんもそうなるのですか?」と、尋ねました。

チヒョンジュンは「僕たちも、いつもそういう危険にある」と、答えました。

チャンソンは「じゃあ、なぜあの世に行かないのですか?みんな悔しく死んでいるんですか?」と、悲しい表情を浮かべます。

これに対しチヒョンジュンは「心配しないで、僕たちは危険な行動はしない」と約束しました。

加害者チョンウンソクの最期

マンウォルとチャンソンは消滅したユンガヨンの代わりに彼女の恨みそうとしました。

そのため、2人はチョンウンソクをデルーナに招待します。

彼はマンウォルの招待状を無視しようとしましたが、鬼神にとりつかれたように、思いもよらずデルーナに到着しました。

そして、チャンソンはチョンウンソクを13号室に案内しました。

その客室は、チョンウンソクの部屋をそのまま再現した部屋でした。

部屋に入ったチョンウンソクにチャンソンは「ここであなたがしたことを覚えているか?」と、尋ねます。

その言葉を聞いたチョンウンソクは、盗撮動画を撮った過去を回想しました。

ホテルデルーナ ネタバレ あらすじ 7話 感想

https://blog.naver.com/0604chj/221604735791

その後、目を開けた彼は、線路の真ん中に立っていました。

死の境界に立ったチョンウンソクはその時、被害者であるユンガヨンを思い出した。

しかし、それはもう手遅れでした。

結局チョンウンソクは、マゴ神の審判を受け、死をもって罰を受けたのです。

マンウォルとイミラの出会い

一方、チャンソンはチョンウンソクが隠した40億を見つけられなかったことに苦しむマンウォルを連れてヨットに乗りに行きました。

そしてそこに、イミラがやってきました。

マンウォルは、イミラを見て赤い婚礼服を着た過去のソンファ姫を思い出し、衝撃を隠せませんでした。

感想とみんなの口コミ

盗撮動画の加害者であるチョンウンソクは、最後まで自分の過ちを悔い改めませんでした。

しかし生前、チョンウンソクの悪行を知ったマゴ神が、彼に”死という刑罰”を下しました。

ちょっと息苦しい結末で終わるところだったストーリーは、’勧善懲悪’という内容を込めて、視聴者たちを痛快にさせました。

これまで被害者が受けた苦痛とは比べものにならないほど、あっけなく死を迎えましたが、加害者が報復される過程を見てすっきりしました。

何より、このエピソードでチャンソンは「盗撮動画を撮るのも犯罪だが、見るのも犯罪」と語り、違法動画についての根本的な問題を思い起こさせたのが一番気に入りました。

他の視聴者たちが書いた口コミも見てみましょう!

和訳
違法動画を撮影して共有した奴らを殺したシーン
女たちは誰もホラー物として見てないと思う。
私はホラー物が怖くて見れないのに、このシーンだけは目を丸くして
見ました!
13号室の幽霊が消滅したのは残念だった。

和訳
ホテルデルーナ7話。あまりにも現実的だね。違法動画の加害者が動画会社設立して、金持ちになった。

今、この瞬間にも違法動画を撮影し、販売する人々がいるでしょう?

その人々だけでなく盗撮動画を見る人々まで、デルーナに出たチョンウンソクのように罰を受けてほしいですね。

和訳
7話は、息がぐっとつまる思いがした。
これは現実にもたくさんあることだから。
被害者の結末はしょうがないけどかわいそうだし、加害者たちはみんないなくなったらいいね。
こんな内容がドラマに出て本当にいいと思った。

7話のエピソードについて、 本当に多くの人たちが口コミを残してくれました。

デルーナは、単純に楽しさだけを伝えるドラマではなく、教訓を与えるドラマという感じを受けて、とても気に入りました。

まとめ

イミラがチャンソンの名前を呼びながら近づいてくると、マンウォルは、過去に悪縁で結ばれていたソンファ姫の姿に衝撃を隠せませんでした。

続いてソンファ姫との悪縁を思い浮かべるマンウォルの姿で、7話のエンディングを飾りました。

マンウォルとチャンソン、イミラの過去は、どのような事情が隠されているのでしょうか?

そしてマゴ神の予言通り、マンウォルが悲劇的な最期を迎えるかもとても気になりますね。

ホテルデルーナ第8話のあらすじと感想はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です