『ホテルデルーナ』4話あらすじネタバレと感想!チャンソンの初仕事

今回ご紹介する4話では、チャンソンを辞めさせようとするマンウォルの姿が描かれました。

やっとデルーナの支配人になったチャンソンを、マンウォルはなぜ辞めさせようとするのでしょうか?

二人の間に何があったのか気になりますね。

早速、韓国ドラマ『ホテルデルーナ』4話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介しますね!

3話のあらすじと感想がまだの方はこちらをお読みください。

あらすじネタバレ

ホテルデルーナ キャスト 相関図

画像引用元:ホテルデルーナ公式サイトより作成

月齢樹の木の前に立ったチャンソンとマンウォル。

チャンソンはマンウォルに、自分が夢で見たマンウォルの話を聞かせました。

それを聞いたマンウォルは、なぜチャンソンの夢に自分が出るのか不思議に思います。

その後、チャンソンが月齢樹の木に手を出すと、月齢樹の木に葉が芽吹き始めるのでした。

眠っていた月齢樹の木に葉っぱが立ち上るのを見たマンウォルは「あなたのせいで、忘れていた私の記憶がよみがえてきた」と、言いました。

これに対し、チャンソンは「夢に対する苦情を吐露しただけだ」と答えました。

するとマンウォルは「あなたは不当な代価を払うことになった。あなたは生かしてはならないものを生かした」と語ります。

マンウォルの過去を夢で知るチャンソン

‘月齢樹の木に葉が茂る’というのは、とても深刻なことでした。

マンウォルは月齢樹の木に縛られて刑罰を受けていました。

そんな月齢樹の木に葉が芽吹き花が咲くのは、マンウォルの刑罰が終わるという意味だったからです。

それを聞いたチャンソンは、マンウォルに「あなたの過去を他人が知ることになるのが、恥ずかしいか」と、聞きました。

マンウォルは「恥ずかしい状況を、私が直接確認する」と答えました。

そしてマンウォルは、チャンソンを連れて寝室に向かいます。

マンウォルは、チャンソンに「再び寝ろ」と言い、無理やりに夢を見ろと強要しました。

これに対し、チャンソンは「夢で見た男が、もしかして僕ではないかと思った」と、打ち明けました。

チャンソンの胸に手を挙げたマンウォルは「あなたは私が待っていた人ではない」と、断言します。

夢で見た男が自分じゃないという言葉に、チャンソンは少しがっかりしたように見えました。

過去の記憶を思い出したマンウォル

マンウォルは、忘れたかった自分の過去の記憶が思い出されるや苦しみます。

ホテルデルーナ ネタバレ あらすじ 4話 感想

https://blog.naver.com/dunhilljk/221591700727

かつて奴隷として連れて行かれて脱出したマンウォルは、兵士を避けて倉庫に忍び込みました。

その瞬間、人の気配に気づいたマンウォルは、自分を追いかけてきた兵士だと思い込み、刃を向けました。

しかし、その相手はコ・チョンミョンでした。

そうして二人の初めての出会いが始まったのです。

チョンミョンは怪我をしたマンウォルを治療してくれました。

その後、敵に仲間のヨヌが連れ去られる姿を見たマンウォルは、彼を救うために立ち上がろうとしました。

しかし、チョンミョンはそんなマンウォルを止め「僕が必ずヨヌを助けて連れてくる」と言います。

そしてチョンミョンは約束通り、自分の敵でもあるヨヌを助け、マンウォルの前に連れてきました。

マンウォルは自分を助けてくれたチョンミョンに、心から感謝の気持ちを感じました。

こうした過去を思い浮かべながら、月齢樹の木を眺めていたマンウォルは「実に醜く真っ青になったさまがおかしい」と、涙ぐみます。

マゴ神に会ったチャンソン

家へ帰る道、チャンソンは地下鉄でマゴ神に会いました。

その瞬間、チャンソンは子供の頃、マゴ神と会ったことを思い出す。

マゴ神はチャンソンに「あなたの父親が花を盗もうとして死にそうになったため、盗みを断ち、あなたを立派に育てることができた」と言い、自分がホテルデルーナにチャンソンを導いたことを知らせました。

また「私が木を一本植えた。面倒を見てほしい」という言葉とともに、自分の名刺を渡して立ち去ります。

サングラス幽霊とチャンソン

https://blog.naver.com/dunhilljk/221591700727

家に帰ってきたチャンソンは、ルームメイトであるサンチェスが連れてきた幽霊を見てびっくりしました。

その幽霊は、デルーナであの世行きのバスを待っていたサングラスをかけた幽霊でした。

目の見えない幽霊は、チャンソンに「生前、私をときめかせた男を探して欲しい」と頼みました。

それを聞いたチャンソンは、サングラス幽霊が生前好きだったパン屋の店員を探すために、彼女の行きつけのパン屋を探し始めました。

そして、彼女を自分の体に憑依させ、パン屋の店員を探せるように手助けをします。

ついにパン屋の店員を探し当てたことになったチャンソンは、サングラス幽霊に「彼のそばにしばらくして、またホテルに戻りなさい」という言葉を残して、帰って行きました。

これでサングラス幽霊の心残りを解決出来た、と安心したチャンソンでした。

その日の夕方、チャンソンと一緒に食事をしたマンウォルは「今日のことはうまく解決できたの?しかし、幽霊の記憶というものが長く迷っていると、重要なことを忘れる。ただ覚えたいことだけ覚えるようになる。幽霊にとって重要な記憶はほとんど同じだよ。死ぬ瞬間みたいなものだ」と、伝えました。

その頃、サングラス幽霊はマンウォルの言葉のように、パン屋の店員との新しい記憶を思い出します。

サングラス幽霊がバイクに轢かれて死んだ日、その事故を起こして逃げたのが、なんとパン屋の店員だったのです。

過去の記憶を取り戻したサングラス幽霊は悪鬼に変わり、自分を殺したパン屋の店員を殺そうとしました。

全ての事実が分かったチャンソンは、すぐにパン屋さんに駆けつけました。

しかし、すでにパン屋は閉めた後でした。

サングラス幽霊を探し回ったチャンソンは、パン屋の店員のバイクの後ろにぶら下がったサングラス幽霊を目撃しました。

その後、チャンソンはバイクを塞ぎ、サングラス幽霊の復讐を防ぎました。

そして、警察にパン屋の店員をひき逃げ犯人と通報し、事件は一段落します。

その後、チャンソンはサングラス幽霊を三途の川に送り「僕がこのホテルに来て初めて送るお客さんだ」と、話しました。

するとサングラス幽霊は「無惨な記憶を、暖かい心で記憶して行くところだった」と伝えました。

チャンソンは「あなたがそんな人だったためだろう。巨大な不幸と些細な喜びがあった時、小さくても喜びを心に留めて生きようとした人だったと思います」と、微笑みます。

恐怖を感じるデルーナの職員たち

一方、デルーナの職員たちは、月齢樹の木に葉が茂ったことに恐怖を感じました。

マンウォルが消滅すれば、自分たちもあの世に行かなければならないことを知っていたからです。

もちろん、職員たちもこのような月齢樹の木の変化は、チャンソンのせいだと思いました。

それでマンウォルと職員たちは、チャンソンをやめさせて他の人を支配人として採用する計画を立てました。

そして、チェソヒは人間を嫌う13号室の幽霊にチャンソンを送り、彼を失神させた後、精神病院に送って二度とデルーナに来られないようにしようと提案します。

チャンソンを救い出すマンウォル

ホテルデルーナ ネタバレ あらすじ 4話 感想

https://blog.naver.com/dunhilljk/221591700727

青く変わった月齢樹の木のもとで、平和に眠るチャンソン。

そんな彼を見つめていたマンウォルは「私はあなたが気に入りましたが、私の過去を見るのは嫌だ」と言いました。

チャンソンの夢の中のマンウォルも、青くて大きな月齢樹の木の下で平和に横になっていました。

マンウォルの過去の時間が、現在のチャンソンに響いたのでしょうか。

夢から覚めたチャンソンの前には、現在のマンウォルがいました。

チャンソンは、マンウォルにちょうど自分が見た夢の話を伝えようとしました。

するとマンウォルは「私はこんなのが嫌だった。何があってもすべてあなたの責任だ」と言い、チャンソンをデルーナから追い出すと、明らかにするのでした。

結局ホテル職員たちの言葉によって、マンウォルはチャンソンを13号室の部屋に行かせました。

13号室の部屋にお線香をしに行ったチャンソンは、そこで幽霊と向き合うことになりました。

幽霊を見たチャンソンはだんだん意識を失っていきます。

まさにその瞬間、チャンソンの前にマンウォルが現れました。

マンウォルはチャンソンに「何も聞かず、見ないで!」と、言いました。

そしてマンウォルは、背を向けようとするチャンソンにキスをし、危機から彼を救い出します。

感想とみんなの口コミ

4話でも例外なく、マゴ神が登場しました。

今回の話を見ながら、マゴ神は本当に能力のある神だと思いました。

チャンソンを自分の計画通りに動かして、ついにはホテルデルーナに送ったからです。

それだけでなく、彼をマンウォルと結びつけて、マンウォルがホテルの主人の座から離れていけるように作戦を練ったようです。

当初、マンウォルを’月の宿’の主人に座らせたのもマゴ神だったからです。

こんなマゴ神の能力についてもこれからドラマを見ながら、見守らなければならないポイントだと思いました。

こちらには、他の方の口コミをまとめてみました。

一緒に見てみましょう!

和訳
マンウォルが大切にしているヨヌを、必ず救って連れてくるという約束を守ったチョンミョン。
マンウォルがヨヌを抱きしめる姿を見て、後ろからわざと’僕もいる’かのように声を出してあんなふうに笑うことで恩着せがましく思う。とても素敵な男じゃないかㅠㅠTT(´;ω;`)

自分の敵でもあるマンウォルを救うということは。決して容易なことではなかったはずです。

チョンミョンがマンウォルをどんなに惜しんで愛しているかを見せてくれる場面でした。

和訳
ドラマで4話ぶりにキスシーンするの初めて見た。

和訳
急にキスしてちょっと戸惑い
しかも女性主人公が、男性主人公にこんな激情的なキスをするなんて!ほんとにびっくりしました

まとめ

チャンソンが、夢で自分の過去を見るという事実を知ったマンウォルの気分は悪そうに見えました。

そんな状況でもチャンソンに危険が迫ると、マンウォルが現れ、彼にキスをしながら助けてくれました。

マンウォルがチャンソンにキスをした理由は何でしょうか?

皆の予想通り、13号室の幽霊からチャンソンを守るためだったのでしょうか。

次の話がとても楽しみですね!

ホテルデルーナ第5話のあらすじと感想はこちら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です